アメリカ英語とイギリス英語

同じ英語でもこんなに違うのです!

img_index_01

未分類

デメリット

2016/12/05

アメリカ英語とイギリス英語の特長としてデメリットにも違いがあります。

 

デメリットもあります。

アメリカ英語では、「r」の音韻がはっきり発音されています。「r」の発音は日本人にとって最も苦手な英語の発音の一つなので、アメリカ英語の発音は少し難しいという見方もあります。

アメリカ英語を中心に紹介している辞書は比較的少ないです。多くの英語辞書はイギリス英語で作られていて、勿論イギリス英語が中心に紹介されています。

 

イギリス英語を学習してイギリスに行った際、実際に使われているイギリス英語に対して少しショックを受けるかもしれません。イギリスは小さい島国ですが、実はアクセントのバリエーションは非常に多いです。

例えば、となりの街から30km程度しか離れていない街のアクセントでも全く違うアクセントで話す事があります。
「RP」を使っているイギリス人は意外と少ないです。

テレビやメディアに出演している人たちは「RP」を使って話しますが、ローカルの人達は自分の方言で話している人が多いです。

 

-未分類