アメリカ英語とイギリス英語

同じ英語でもこんなに違うのです!

09293

未分類

メリット

2016/11/25

アメリカ英語とイギリス英語の特長としてメリットにも違いがあります。

イギリス英語のメリットとしては、イギリスでは広く使えることです。

イギリス人は全土でイギリス英語が使われています。

そして近隣のヨーロッパの諸国でも教えられています。

そして元アメリカの植民地であったアフリカやインドなどでも教えられている国もあります。

そしてオーストラリアやニュージーランドには自国の英語がありますが、アメリカ英語に比べて、「イギリス英語の発音」にとても近い発音です。イギリス英語を使っている人は意外と多いです。
イギリスの辞書の質が高いことでも知られています。イギリス英語の辞書を使えばイギリス英語の発音だけではなく、アメリカ英語の発音も紹介されていますので便利です。イギリス英語を勉強しながら、同時にアメリカ英語の発音にも触れることが出来ます。

イギリスには同時の文化があり、映画や小説でも数多く登場します。
イギリスは比較的小さな国ですが、メディアの規模や種類が多いです。

イギリス英語はBBCのドキュメンタリーを使っても勉強する事が出来ますし、多くの有名な映画(ハリー・ポッターや、ブリジェット・ジョーンズなど)を使って勉強する事も出来ます。
音楽好きな方には、ビートルズなどもあります。
イギリス英語の発音は少し上品なイメージがあります。

イギリス英語」という発音は、一般てきにはテレビニュースやドキュメンタリーなどのメディアで広く使われており、イギリスの専門職や上流階級の人々によって使用されています。
このようにイギリス英語にも活用方法はいろいろあります。

アメリカ人の立場から見ると、少し気取った印象に聞こえるようですね。

アメリカに行った際にもイギリス英語のアクセントはわりと目立つので印象に残るかもしれません。

アメリカ人の多くはイギリス英語のアクセントが好きな方もおおいです。

イギリス英語は、日本人の自然なアクセントに近いかもしれません。

発音ははっきりしているので聞き取りはアメリカ英語よりもしやすいかもしれませんね。

 

-未分類