アメリカ英語とイギリス英語

同じ英語でもこんなに違うのです!

09292

未分類

メリット

2016/11/15

アメリカ英語とイギリス英語の特長としてメリットにも違いがあります。

アメリカ英語のメリットは、世界共通で使うことができます。

日本を始め、アジア、アメリカ、ヨーロッパなど広い地域で使うことが可能です。

そしてアメリカ人以外にも、アメリカ英語を話すスピーカーは世界的に多いです。

アメリカの人口は、300,000,000人です。

そしてどこの町や州に行ったとしても、強いアクセントや発音のバリエーションが比較的少ないです。

全く無いわけではありませんが、イギリス英語にくらべればずっと少ないです。

そしてカナダ人の発音は、アメリカ英語とあまり変わりません。

そしてアメリカ英語はネイティブスピーカーが多いので英語学習も可能です。

アメリカのメディアやポップカルチャーは影響力が強いので、英語学習としての教材が多く、ドラマや映画で英語の発音を勉強したければ教材として使える物が非常に多いです。
そしてポップカルチャーだけではなく、専門的なウェブコンテンツやテクニカル系の情報の大部分がアメリカ英語で書かれている事が多いです。特にテクノロジーやサイエンスの分野で働いている方であればアメリカ英語の方が有利かもしれません。

そして国際的なビジネスなどをするなら、やはりアメリカ英語にメリットがあると言えるでしょう。

-未分類