アメリカ英語とイギリス英語

同じ英語でもこんなに違うのです!

09291

未分類

suppose so

2019/05/15

“I suppose so”という表現の意味とイギリス英語の使い方
この「I suppose so」という表現は”イギリス英語の日常会話”でよく使われています。簡単に説明すると「そうだろう」という意味の表現になります。

しかし、文脈によっては「~してもいいよ」、「まぁいいか」という意味にもなります。場合によって、相手を「疑っている」という気持ちを表す表現です。

I suppose soの代わりに、アメリカ英語では「I guess so」という言い方をよく使います。
「I suppose so」を使ったダイアログ:

A:Could you lend me a tenner?
(10ポンドを貸してくれる?)

B:I suppose so. Just make sure you pay me back as soon as you can.
(いいけど。出来るだけ早く返してね。) ※この”suppose so”の使い方は「あまりお金を貸したくないけど仕方ない」という気持ちを表します。

 

-未分類