アメリカ英語とイギリス英語

同じ英語でもこんなに違うのです!

11082

未分類

ゴミ箱

2019/02/25

英語には「ゴミ箱」という意味になるの様々な言い方があるのをご存知でしょうか? 「ゴミ箱」という単語は日常会話でもよく使われる単語ですが、英語ネイティブ色々な言い方をしますので以外と難しい英語になると思います。

そして、イギリス英語とアメリカ英語の言い方の違いもありますし、イギリス英語の中でも色々な言い方がありますので、今回の記事では「ゴミ箱」の様々な言い方と関連する英語を紹介してみたいと思います。

それでは、「ゴミ箱」は英語で何と言うのでしょうか?

「bin」という単語の意味と言い方の違い

イギリス人はゴミ箱を「bin」と呼びます。「bin」は元々「箱」という意味ですが、イギリス人は「bin」という単語を聞くと大抵の人は「ゴミ箱」という意味が頭に浮かんできます。

一方でアメリカ人も「bin」という単語を使いますが、アメリカ人がこの単語を使った場合は「大型の蓋つきの箱」という意味になります。そして、それは別に「ゴミを入れる箱」という意味ではなく「なんでも入れられるような大きな箱」という意味になります。

イギリス英語でゴミ箱は「bin」だけではなく「rubbish bin」、「litter bin」、「dustbin」、「wastepaper bin」などの言い方があります。

「litter bin」は「町にあるゴミ箱」という意味になります。「wastepaper bin」(またはwastepaper basket)は少し古い言い方です。

to bin ~」という動詞は”イギリス英語”で「~を捨てる」という意味になります。この動詞は日常会話でよく使われています。

イギリス英語のスラングには「loony bin」という表現があります。これは「精神病院」のスラングです。「loony」は「lunatic」(クレイジーな人)の省略です。

つまり、「クレイジーな人を捨てるゴミ箱」という意味の表現です。スラングですし、あまり優しい言い方ではありませんので、他の人に対しては使わない方が良いと思います。

それでは、例文を通してイギリス人の「bin」の使い方を覚えましょう

 

 

-未分類