アメリカ英語とイギリス英語

同じ英語でもこんなに違うのです!

yjimage (15)

未分類

イギリス英語で子供という単語(スラング)

2019/01/05

今回の記事では「子供」という意味になる様々なスラングや口語表現、イギリス英語特有の表現を紹介してみたいと思います。

多くの英語学習者の方は「kid」というスラングを耳にした事があると思いますが、今回の記事では「kid」だけではなく他にもよく使われている子供という意味になるスラング、言葉を紹介したいと思います。

紹介する単語の中にはイギリス英語特有の言い方、ネガティブなニュアンスになる言い方、ユーモアっぽい言い方もありますので、それらも合わせて紹介していきます.

 

「kid」という単語について
まずは最初に「kid」以外の単語を紹介したいと思いましたが、結局は「kid」が一番よく使われているスラングなので、一応使い方と元々の意味を紹介した方が良いと思います^^

「kid」という単語は元々は「子ヤギ」という意味になる単語です(笑)。しかし「人間の子供」という使い方は1590年頃から使われるようになったそうです。

その頃は「悪い子供」というニュアンスがありましたが、1800年代くらいから単純に「子供」という意味になる口語として使われだしたそうです。

現在、英語圏のネイティブの日常会話では「child/children」というよりも「kid(s)」という言い方を使っている人が多いと思います。

これは「スラング」というよりも「カジュアルな口語」として考えた方が良いと思います。そして、とくにネガティブや悪いニュアンスはもうありません。

実際の例文:ダイアログ

A:How are the wife and kids?
(奥さんと子供たちはお元気ですか?)
B:They’re all fine. My youngest son starts school in September.
(みんな元気ですよ。 一番下の息子は9月に小学校になりますよ。)

-未分類