アメリカ英語とイギリス英語

同じ英語でもこんなに違うのです!

08124

未分類

単語

2016/09/21

そして面白い単語の違いでこんなのがあります。

I like chips.
「チップスが好き」。

だけど、相手が思い浮かべる食べ物は違うかもしれません。

イギリス人なら太めのフライドポテトを想像し、アメリカ人ならポテトチップスを意味するんですよ。

イギリスでポテトチップスはcrisps(クリスプス)。クリスピーな感じです!

とくにイギリスのチップスといえば、いわずと知れたフィッシュアンドチップスがありますね!

あれが典型的なチップスです。

日本時が思い描くようなフレンチポテトではなくて、もう少し太めのフライドポテトです。

またそこにたっぷりビネガーなどをかけて食べるのがイギリス式です。

しかしファストフードなどにあるのも形式はちがいますが、同じくチップスなんですよ。

でも若い方はフレンチポテトなどといっても通じますのでご安心くださいね!

そしてもう一つ食べ物では、こんなのもあります。

biscuit と Cookieです。

アメリカ英語ではクッキーCookieといいますが、イギリスではビスケットbiscuitと呼びます。

イギリスでは伝統的なお菓子ですね!

いろいろ食べ物にもちがいがあって比べてみると面白いですね!

 

-未分類