アメリカ英語とイギリス英語

同じ英語でもこんなに違うのです!

11082

未分類

penny

2018/11/05

「イギリス人がよく使う婉曲的な英語表現」を紹介してみたいと思います。イギリス人は、他の英語圏の国の人と同様に下品なスラングも使いますし、罵り言葉も沢山使います。

イギリス人に限っては「婉曲的な表現」を好んで使う人が多いと思います。例えば、「トイレの話」、「体の部位に関する話」、「セックスに関する話」は一般的に下品なテーマとして考えられていますので、そういった内容をダイレクトな単語・表現を使わず「婉曲的な表現」で表す人が多いです。
例えば、私のおばあちゃんはもう亡ってしまったのですが、とても上品なおばあちゃんでした。彼女はトイレに行く際に「toilet」という単語は使わず、代わりに婉曲的な言い方を使っていました。

その表現というのが「I’m going to spend a penny」という表現でした(笑)。その表現をを日本語に直訳すると「1ペンスを費やしに行ってきます」という意味になります。

この文章をみた時に決してトイレに関係する表現とは思いませんよね!?^^ では、その表現は何故「トイレに行く」という意味になるのでしょうか?

この記事では「spend a penny」の由来を説明したいと思います。そして、他にもイギリス人によく使われている婉曲的な表現もありますのでまた紹介していきます。

-未分類