アメリカ英語とイギリス英語

同じ英語でもこんなに違うのです!

%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%93

未分類

イギリス英語 天気

2018/07/05

イギリス人は、本当に天気のお話が大好きです。

そのため表現もとってもたくさんあるんですよ。

これには、イギリスの国民性が関係しています。

基本的に一般的なイギリス人は国民性的にあまり社交的ではないので、あまり立ち入った話をせずに、無難な天気の話題を選ぶというわけです。

何故なら、天気というテーマは誰でも意見がありますし、誰とでも話せますので「安全なテーマ」だと思います。そして、イギリスの天気は特に変わりやすいので、毎日天気についてコメントする事が出来ます^^

アメリカ人や南ヨーロッパの人で、もう少し社交的な国民は天気の話をそんなにしないようです。その代わりにもう少しダイレクトに話す傾向があります。

アメリカ人が、家族や自分の話をより話すのに対して、イギリス人はそのような話の内容をあまり好みません。
イギリス人は基本的にプライベートの話は友達以外は少しタブーなので、コミュニケーションを取るために天気や交通状態などの安全な一般的なテーマを選んで話します。

例えば、雨に関する表現がこんなにたくさんあるんですよ。ますので、以下に紹介してみたいと思います。

「雨が激しく振っている」
It’s raining cats and dogs.
It’s bucketing down.
It’s pissing it down.(下品な感じ)
It’s chucking it down.
It’s pelting it down.
It’s pourint it down.
It’s peeing it down.(=pissing it downのもう少し婉曲的な言い方)
It’s lashing it down.
It’s a downpour.
It’s coming down in torrents.
The heavens have opened.
It’s throwing it down.
It’s belting it down.
It’s coming down in buckets.
A cloudburst.
It’s coming down in stair rods.
It’s raining sideways.(風も強い際)
It’s coming down in sheets.

「弱い雨が降っている」
It’s drizzling.
It’s spitting.
Misty rain.
It’s trying to rain.(雨が降り始めた際)
It’s mizzling.
It’s sprinkling.
It’s dreich.(スコットランドの方言)
その他の雨や天気に関する表現
Nice weather, for ducks.(=”鴨だったらいい天気”という皮肉った表現)
An April shower.(=4月によく振る”春の雨”)
A sunshower. (晴れているけど、少し雨が降り出す際に使う表現)
It’s getting biblical out there.(聖書に出そうなレベルな激しい雨)

このように雨に関するひょうげんだけでもとってもたくさんあります。

-未分類