アメリカ英語とイギリス英語

同じ英語でもこんなに違うのです!

images (4)

未分類

throw a sickie

2018/04/25

意味: 病気ではないのに仮病で仕事や学校を休む事
この表現は「病気ではないが仕事や学校を休みたいから病気のふりをして休む」という意味になります。

イギリス人はたまにこういう事をやる人がいます(笑)。例えば、イングランド代表サッカーチームがワールドカップに出る際、たまに試合が平日に行われる事があります。

そういった際に、いきなり病気のふりをして仕事を休んでテレビで試合を観るイギリス人は多いと思います(笑)。

実は私も一回だけ高校の頃「throw a sickie」をして父親と一緒にウィンブルドンのテニストーナメントを観にいった事があります。。。(シー!先生に言わないで! 笑)
また、「throw a sickie」の代わりに「pull a sickie」という言い方も使えます。
実際の例文:
I’ve got a terrible hangover this morning. I’m going to throw a sickie and have a duvet day at home.
(私は今日、二日酔いが酷い。私は病気という理由で仕事を休んで家で布団の中でごろごろする。)

※「duvet day」はイギリスの若者のスラングです。「duvet」は「掛け布団」という意味になります。「duvet day」は「布団の中で一日中ごろごろする」という意味になります^^
A:Are you going to watch the England match tomorrow?
(明日、イングランドの試合を観る?)

B:I can’t. I’ve got work.
(無理だよ。仕事がある。)

A:Why don’t you throw a sickie and come to my place to watch it?
(病気を理由に仕事を休んで、私の家に来て一緒に観ない?)

B:All right then!
(じゃあ、そうしよう!)

 

-未分類