アメリカ英語とイギリス英語

同じ英語でもこんなに違うのです!

English map cartoon with arms and pizza on dish

未分類

shut your gob

2018/04/15

gobというスラングは様々な場面で使われていますが、このスラングには沢山の意味があるので使い方は少し複雑かもしれません。今日はgobの七つの使い方を説明したいと思います。

「唾」を意味するgob
まず唾を意味するgobを見てみましょう。通常の英語だと唾はspitですが、スラングだとよくgobが使われています。

Is that gob on your chin?
ねぇ、君のあごにツバが付いてない?

gobは動詞としても使えます。この場合、gobは唾を吐くという意味になります。

Oh my God! Did you just gob on my shoe?
うわっ!お前今俺の靴につば吐いた?

「沢山の」を意味するgob
アメリカ英語のスラングでは、gobは沢山のという意味でも使えます。

He’s got gobs of money.
彼はすっごくお金持ちなのよ。

ここでの「gob」は通常「gobs of+名詞」というパータンで使います。

「口」を意味するgob
イギリス、アイルランド、オーストラリアなどのスラングでは、gobは口という意味にもなります。この「gob」の使い方は少し失礼なので、場を選んで使った方が良いでしょう。

He’s got a big gob, so watch what you say to him.
彼は口が軽いからね、彼に何かを話す時は気を付けた方が良いよ。

「Shut your gob.」
この、「Shut your gob.」というフレーズもよく耳にします。この失礼なフレーズは「shut up」や「shut your mouth」と同じ意味になります。

「gob」はイギリス、アイルランド、オーストラリアなどの国では「口」という意味になるスラングです。

参考記事:「イギリス英語とアイルランド英語のスラング(俗語)の紹介:「Gob」の意味と使い方について」
「shut your gob!」という表現は「口を閉めろ!」という直訳になります。

実際の例文:
I wish he’d shut his gob. He’s so annoying.
(私は彼に黙って欲しい。彼は本当にむかつく。)

Shut your gob and listen!
(静かにして私が言う事を聞けよ!)
以上、今回の記事では、イギリス人がよく使う「黙れ!」という意味になる英語の言い方を5つ紹介しました。

ブリティッシュ英語.comでは、イギリス英語に関する質問やイギリスのカルチャー、イギリス人に関する質問を大募集しています^^ 質問がある方は、是非ご連絡くださいね!

-未分類