アメリカ英語とイギリス英語

同じ英語でもこんなに違うのです!

08124

未分類

イギリスのスラング 悪口 Minger, Pillock

2017/07/25

イギリスでひとを蹴散らしたり、悪口をいうときのスラングとしてこんなのがあります。

いつつめは、Gannetです。

意味: 卑しい人・大食漢

gannet
【名】
《鳥》カツオドリ
という意味もあります。

「Gannet」は元々、鳥の種類(北ヨーロッパの海鳥)ですが、スラングとして使うと「大食漢」という意味になります。私は若い時にお父さんに「Gannet」と言われた気がします・・(笑)。
例文:

イギリス英語: Don’t eat all the biscuits, you gannet!
日本語: クッキーを全部食うなよ! 卑しい奴だね!

六つめは、Skiverです。

意味: 仕事等をサボる人

「Skiver」は名詞ですが、「skive」という単語は動詞になります。これらの単語はイギリス英語の日常会話でよく使われます。

skiver
革すき機

という意味もあります。
【2名】
〈英俗〉ずる休みをする人【文例】
例文:

イギリス英語: My colleague is a skiver. I always end up doing his work for him.
日本語: 私の同僚はよく仕事をサボっている。私はいつも彼の仕事をやる事になってしまう。

 

-未分類