アメリカ英語とイギリス英語

同じ英語でもこんなに違うのです!

English map cartoon with arms and pizza on dish

未分類

イギリスのスラング 悪口 Minger, Pillock

2017/07/15

イギリスでひとを蹴散らしたり、悪口をいうときのスラングとしてこんなのがあります。

みっつめは、Mardy です。

意味: 機嫌が悪い

〈英方言〉〔子どもが〕甘やかされた、怖がりのという意味もあります。
この単語は主にイギリスの北部で使われていますが、全国でも通じる単語だと思います。機嫌の悪いティーンネイジャーに対して使うような単語です。
例文:

イギリス英語: My sister is mardy because mum won’t let her go out.
日本語:私のお姉ちゃんは機嫌が悪い。何故ならお母さんは彼女に出かける許可を出してくれないから。
よっつめはTosserです。

意味: あほ・バカ

tosser
tosser ['tɑsə:][トサー]

[名](イギリス)
1.マ○カキ野郎。

toss offで「自慰行為をする」という意味。そのtossをする人だからtosser。侮辱、侮蔑の意味を込めて使われる。

また、友人に呼びかける時、親密さを表す為motherfucker等この手の汚い言葉を使うものだが(例 Hey, motherfucker!!)、英国人の友人が言うには、この言葉はちょっと"キツイ"ので使ってほしくないとのこと。なので使用時には要注意。

例 That tosser took my seat when I was away.(あのク○野郎、俺がいない間に席奪いやがった)。

この悪口は「バカ」という意味ですが、上記に紹介した「Pillock」より強いニュアンスになります。
この単語は本当に嫌な人に対して使う悪口です。アメリカ英語では「jerk」になると思います。「Tosser」は主に男性に対して使う単語です。
例文:

イギリス英語: My boss is a complete tosser.
日本語: 私の上司はとんでもないバカだよ。

-未分類