アメリカ英語とイギリス英語

同じ英語でもこんなに違うのです!

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-7

未分類

文法の違い get

2017/03/25

先回に引き続き文法の違いについて詳しく見ていきます。

イギリス英語では「get」という動詞の過去分詞は過去形と同じくgotになりますが、アメリカ英語では過去分詞はgottenになります。(※ちなみにイギリスの東北地方ではgottenが使われています)
例えば:

イギリス英語: She has got a prize.
アメリカ英語: She has gotten a prize.
(彼女は賞を受賞しました。)
getは厳密にはget-got-gottenと変化しますが、最近ではget-got-gotでもよい、と
教わったと思います。getの過去分詞形には、gotとgottenどちらでもよいのです。

完了形は、have+[過去分詞形]ですよね?getの過去分詞形は前述のとおりgotとgotten
2通りありますので、have got / have gotten いずれでも完了形をつくることができます。

get自体の意味として得る、という意味がありますので、
have got, have gotten どちらでも(完了形で)「得た」という意味になりえます。

I have got the item. 私はそのアイテムを得た。
I have gotten the item. 私はそのアイテムを得た。 どちらも同じ意味です

 

-未分類