アメリカ英語とイギリス英語

同じ英語でもこんなに違うのです!

%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%91%ef%bc%92%ef%bc%93

未分類

イギリス英語特有の表現や単語 ファッションに関するイギリス英語のスラング

2017/03/20

先回に引き続きは、イギリス英語特有の表現についてご紹介します。

ファッションに関するイギリス英語のスラング: 2. Cardie

「Cardie」は「cardigan」(カーディガン)の省略です。実はこの「cardigan」という名前もイギリス人の伯爵名前が由来になっています。

第7代カーディガン伯爵(1797年生まれ)はイギリス人の軍人で、その当時の軍人は制服(軍服)の下にニットのセーターを着ていたそうです。その事から、その形のセーターは「カーディガン」と呼ばれるようになりました。
実際の使われ方の例文:

I’m knitting a cardie for my granddaughter.
(私は孫の為にカーディガンを作っています。)
※「knit」は動詞で「編む」という意味になります。
Is that a new cardie? It’s very pretty, isn’t it?
(それは新しいカーディガンですか?とても可愛いですよね。)

例;

cardieって何?

cardieって何のことでしょう…ヒントは、スペリングです。

音声再生 RealPlayer

Sharon and her friend Maria are at a cafe.
Sharon: Isn't it cold in here?

Maria: Yeah, a little bit. I thought you were wearing a cardigan.

Sharon: It's in my bag…(looking in her bag) oh no, I lost it.

Maria: What? You lost your cardie?

Sharon: Where did I leave it? Oh, no!

Maria: You had it on when I saw you at the station.

Sharon: That cardie is my favorite!

Maria: Let's go look for it.
Japanese

Isn't it cold in here?
(ここ、寒くない?)
シャロンたちはカフェの「中に」いるので、in hereという表現になっています。室内で「寒くない?」と尋ねる際の常套フレーズです。
What? You lost your cardie?
(カーディガン、なくしちゃったの?)
cardieはcardiganの省略形で、主にイギリス口語で使われます。発音は「カーディー」です。
Translation 英文と比較してしっかり確認しましょう。
シャロンと友人のマリアはカフェにいる。

-未分類