アメリカ英語とイギリス英語

同じ英語でもこんなに違うのです!

11082

未分類

文法の違い 現在完了

2017/03/20

現在完了は「have + 過去完了」で、過去に起きて現在も続いている場合に使います。

イギリスではこの現在完了を厳密に使いますが、アメリカ英語では単に過去形にしてしまう場合もあります。

例えば、「lost(失くした)」という表現の例で見てみましょう。

イギリス英語:I have lost my watch. 時計を失くしました。
アメリカ英語:I lost my watch. 時計を失くしました。
解説:イギリス英語では現在完了形で、「I have lost my watch.」となり、時計を失くしたのは過去の時点でのことですが、現在も見つかっていなければこのように現在完了形で、続いていることとして表現します。しかし、アメリカ英語では、「I lost my watch.」として、単なる過去形として表現する場合が多いです。

「~を持っている」という意味の動詞’have’ですが、私たちが学校で習うアメリカ英語では、おなじみの’I have a pen’も、イギリス英語では、’have got ‘を用いて表現します。

〔米〕I have a pen. →疑問文では、 Do you have a pen?
〔英〕I have got a pen. →疑問文では、 Have you got a pen?
特に、イギリス英語で聞かれた場合、聞き慣れないと、思わず戸惑ってしまいそうですが、意味は全く同じです。

‘got’ OR ‘gotten’?

中学生の時、不規則動詞表を見ながら、「あれ?’get’の過去分詞は、どっちを使ってもいいのかな」と思ったことがあった方も多いのではないでしょうか?

実は、アメリカでは、’gotten’となるところを、イギリス英語では過去形と同じ’got’を使って表現することのほうが、はるかに多いのです。

同様に、’forget’「忘れる」もアメリカ英語では’forget-forgot-forgotten’となるのですが、イギリス英語ではそのまま’forget-forgot-forgot’になります。

-未分類