アメリカ英語とイギリス英語

同じ英語でもこんなに違うのです!

10242

未分類

アメリカ英語とイギリス英語はどちらがいいか

2016/12/25

ではどちらを使う方が有利だと思いますか?

圧倒的に主流なのがアメリカ英語です。

政治や経済だけでなく、文化面でもアメリカの世界への影響力はとても大きいですよ!

特に日本はアメリカとのつながりが強く、学ぶならアメリカ英語ですね。

ただ、英語をよく使うようになるとイギリス英語を母国語とする人とも話す機会が少なからずでてくるでしょう。

ある程度の英語の基礎がある人は、イギリス英語とアメリカ英語の違いを知っておくとよいです。

同じ単語でもアメリカとイギリスでは全く違う意味の場合があります。

基本的にはアメリカ英語を学び、イギリス英語とアメリカ英語の違う部分を知っておくことがベストな方法です。

発音やアクセント、使う言葉の違いはあれど、どちらの英語を使っているからと言って有利不利というのはありません。

自分の英語に色んなアクセントをごちゃまぜにして話すべきというわけではありません。

ある程度自分の英は統一されていた方が良いえですね。

アメリカ英語とイギリス英語を気にするのはある程度のレベル(ビジネスレベルとか)になってからでもいいです。

要するに、まだビジネスレベルにも達していない人がアメリカがイギリスと考えるよりも、今はひたすら色々な英語に触れていかないといけません。だって自分の話す英語がコミュニケーションツールになるのであればアメリカ英語でもイギリス英語でも何英語でも良いのですから。

避けた方がいいのは、もし自分がアメリカ英語を話しているからと言って、ほかの英語を勉強しないとか、毛嫌いするとか、そういって自分が話す英語だけに固執することはしない方が良いということです。そうするとあなたの英語力はそこでストップしかねません。

そうどこに行ってもどんな英語でも聞くことが出来る。それが本当の意味で英語が出来るというのではないでしょうか?

アメリカ英語、イギリス英語、決めることなく、とにかく英語の勉強に邁進しましょう!

 

 

 

 

 

 

-未分類